Welcome

Welcome to Luna City Arcade, my private home arcade.
Please note that Luna City no longer exists.
I am keeping this website active as a testament of what the arcade once was, and in the hopes of one day rebuilding.
Thanks for the good times

STREET FIGHTER2

スト2のチュン・リー

もう20年以上前でしょうか、当時ゲームセンターに行くことが流行っていてアーケードゲームの中では格闘ゲームが流行っていました。
対戦型としてスト2ことストリートファイター2がとても人気で、朝から晩までプレイヤーが途切れることなく盛り上がっていました。
操作できるキャラクター数はそれほど多くありませんでしたが、キャラクター毎に個性があってデザインもそれまで見たことがないような格好をしていたりと、動かすことだけでなく見た目でも楽しんでいました。
今では女性キャラクターが格闘ゲームに出ることはめずらしくもないすが、当時としては女性キャラがいることが衝撃的で新しいことが好きなゲーセンユーザーたちはこぞって春麗をつかってましたね。
また、チャイナドレスっぽい服装に腕には鉄塊のようなアクセサリーがついているビジュアルだったので、
なかなか奇抜だなと当時は思いました。
女性キャラが参戦しているということで、今までは男性中心のユーザーでしたが徐々に女性のユーザーも見かけるようになり男女問わず熱中できる格闘ゲームとしてスト2と春麗は今でも印象に強く残ってます。
今ではもうほとんど見かけませんが、当時は日記帳のようなノートがゲーセンに置かれていて、文通などによる交流が盛んでした。
強いプレイヤーがいる店の情報や、テクニック解説、新しいアーケードゲームの情報などさまざまな情報に溢れていてどこそこのお店にスト2でめちゃくちゃ強い人が居る。なんて書かれていればその店に赴いたりして、実際の対戦をみて勉強したりなど、ゲーセンに行けば行くほど友達が増えていました。
対戦格闘ゲームですので、週末にランキング戦やチーム戦、などイベントも多く、アーケードゲームのお祭りごとといえばスト2でした。
一番思い出の残っているのが同一キャラクターによるランキング戦。
同じキャラといっても操作プレイヤーのクセがでるので、トリッキーな動き筆頭な春麗使い達の戦いは対戦毎に変化があってまた、みんな大会に向けて練習してきてますので、当日は熱気も最高潮でサッカーや野球などのスポーツを観戦している気分でした。
スト2のような対戦格闘ゲームは熟練者と初心者が入り乱れます。大抵打ちのめされて初心者のユーザーが離れていってしまうのですが、私が通っていたゲームセンターではこうしたほうが良いよなどサポートしてくれる熟練者が多くて、うまい、へた、強い、弱い関係なくみんなで一緒に楽しむ空気でしたので、ゲームセンターに通い新しい仲間ととも過ごせた日々は私の青春そのものです。

対戦格闘ゲーム全盛期に思い出

Virtua Fighter

90年台のアーケードゲームの花形で最も認知度が高いのがバーチャファイター、スト2
バーチャファイターは3Dポリゴンの格闘ゲームのパイオニアでスト2は2D格闘ゲームのパイオニア。
どちらもやりこみました。毎週大量の100円玉を握り締めてゲーセンに通った思い出があります。
週末になると、開店前のゲーセンに列ができ、開店しても整理券方式のような形で1プレイしたら交代でしたので立て続けに遊べるわけではなく、2回目のプレイをするのに1時間待ちなどざらでした。
ある程度空いてるお店を探して数多くプレイできる環境を探すのに必死になってました。
基本的に対戦格闘ゲームなので対戦に勝てばそのままプレイ続行が可能なので、うまい人と下手な人に真っ二つに分かれるのでうまい人は顔を直ぐ覚えられてました。
アーケード台に連勝数の電光掲示板が付いていて、50連勝中。などとんでもないユーザーもいました。
当時のゲームセンターは駅前であれば必ずと言っていいほど、郊外でもそこそこあるような感じで今となっては探さないとゲームセンターを見つけられないという状況はなく、ゲームセンターあるかもしれないって思った地域にいくと必ずある店舗がありました。
その分様々なプレイヤーがいて、店舗ごとに来客している年齢層が固定されていたりバラバラだったり、行くだけでも楽しかったです。
時代的に不良のたまり場としても活用されていることの多かったゲームセンターでしたので、こわもてのお兄さんがプレイしていたりと、子供ながらにおっかなびっくりしてました。
でも、ゲームセンター内ではどんなこわもてのお兄さん達でも同じゲームでうまい人がいると、褒めてくれたり、うまくなるコツを教えてほしいなど、小中学生に教えてもらっている大人がいる感じで別世界ともいえる空間があったのが印象的です。
また、しゃべってみると意外と気さくだったりするので人は見かけによらないんだなぁと子供ながらに思ったことが多くあります。
90年代後半近くになると、アーケードでしか遊べなかった格闘ゲームも家庭用ゲーム機で遊べる機会が増え、大会に参加しやすくなりましたし、格闘ゲーム専門誌でうまく扱うコツや新作情報などを知ることも容易になってました。
さらに全国大会も開かれるようになり、全国から予選を勝ち抜いた猛者たちが集結しアツい対戦を見る機会も増え、90年代は格闘ゲーム全盛期といっても過言ではないほどの熱狂ぶりで、プレイだけでなく観戦だけでも楽しめました。

PHOTOS

Photos

Below are various photos of our home gameroom, Luna City Arcade.

More information about the gameroom is available here, and the full list of games in the collection is available

here.

 

GAMES

Games

The arcade houses about 60-70 machines at the moment, but the collection is always expanding. The games are mostly from the mid to late ’70s to the early ’80s, but there are some exceptions. We do make a point to not have any “fighting games” or “shooting games”, and we keep the atmosphere family friendly. Every game in the collection is a genuine original dedicated machine from the glory days of the arcades.

Below is the complete list of games in the collection.