還暦知識

自分自身が還暦を迎えたわけで家族からお祝いされる立場だったんだが、そもそも還暦とはなんなのだろうかとふと思い立った。
調べてみると、歴史も古く中国から伝わったらしいのだが、せっかくなので本サイトでもまとめて記しておこう。

還暦とはなんだ?

還暦夫婦(ドット風)

還暦の意味するものとは?

今より平均寿命が短かった時代は「人生50年」ともいわれ、現代で言う60歳、つまり「還暦」を迎えられるのはとても幸運なことだった。
その幸運を祝い、さらなる長寿を願って区切りとして祝う風習が生まれたことがはじまりなのだそうだ。しかしながら現代では、平均寿命もかなり伸び、世界から見ても日本は1、2位を争う長寿国家となっている。

還暦の言葉の意味としては、「暦(こよみ)が還(かえ)る」という言葉通り、干支にまつわるものである。
干支自体は年月日、方向、角度などを表すのに使われており、この干支を「十干」(じっかん)と「十二支」(じゅうにし)の組み合わせとすると、ちょうど60年で一巡する。この生まれた年の干支に戻るという意味から「暦(こよみ)が還(かえ)る」つまり「還暦」と呼んでいるのである。
ちなみに、60歳の倍である120歳の誕生日を迎えたときには「大還暦」と言うそうな。

還暦はいつ迎えるのか。満年齢と数え年の説があり

昭和25年、西暦で言うと1950年の1月に「年齢のとなえ方に関する法律」が施行された。以降は年齢の表示に満年齢を用いるようになる。
それまでは基本的に何事でも数え年で行事は執り行ってきたそうなのだが、だんだんと誕生日、記念日の扱い方がかわり、現代ではちょうど60歳を迎える誕生日がいわゆる「還暦を迎えた日」と呼べるだろう。
つまり昭和25年までは数え年で還暦を祝い、それ以降は誕生日がその日となる。
それより前は誕生日を祝う週間すら日本にはなかったそうだ。

通常の誕生日と還暦の違い

これは言うまでもなく、還暦は一生に一度しか執り行わない祝い事なので、特別感がある。また、還暦に因んだ「赤」色を取り入れたプレゼントや贈り物が好まれ、家族が集まるひとつのきっかけにもなっているだろう。親が60歳となると子供も20代か30代となり、結婚したり孫が誕生したり、生活に変化が生まれ、親への感謝の気持ちも生まれるときなのだろう。
私が還暦を迎えた際には60年もののビンテージワインと旅行をプレゼントされた。恥ずかしながらちゃんちゃんこも着て記念撮影したが、家族に囲まれる幸せを感じた一日であった。

還暦祝いについて、参考にしたサイト「還暦祝いの六〇屋」